気になった言葉を綴ります


by M-mo-do
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:赤ちゃんポスト ( 3 ) タグの人気記事

連休明けから、運用が始まるみたいですが、どれだけの利用があるのでしょうか?
今回の赤ちゃんポストの設置には紆余曲欲がありましたが、やっとこさ運用にいたりましたね。 見守っていきたいですね。

<赤ちゃんポスト>完成、連休明けにも運用開始 熊本の病院

 熊本市の慈恵病院(蓮田太二(はすだたいじ)理事長)の「赤ちゃんポスト(こうのとりのゆりかご)」が1日完成、午後に保健所の検査を受ける。さまざまな事情で親が養育できない新生児を匿名で預かる設備で、国内では初めての設置となる。病院は、早ければ連休明けにも運用を開始する。

 蓮田理事長は「お母さんたちが子供をだっこして、相談してくださることを祈っている。安全面については十分配慮した。実際に運用するまでに、いろいろなことを調べたい」と話した。

 赤ちゃんポストは、縦50センチ、横60センチの扉を開けると、中に保温器付きのベッドが置かれている。扉が開くと同時にセンサーが作動し、院内のスタッフにブザーで知らせるほか、カメラでもベッドに置かれた新生児の様子を撮影してモニターに映し出す。

 新生児の重みでセンサーが作動する仕組みを検討していたが、体重が軽くセンサーが作動しない場合も想定されることから扉の開閉に反応するように設計を変更した。防犯のため、一度扉を閉めると、再度開けることはできない。

 子供を預けた後に考え直した場合などに親子関係を確認できるように、ベッドの上には母親にあてた手紙を入れ、病院側と母親にしか分からない印をつけておくことも検討している。

 病院は、24時間態勢で妊娠や出産の電話相談を受け付けている。運用開始後も子どもを預ける前に相談するよう呼びかけ、ベッドが置かれる部屋は「新生児相談室」としても使う。
[PR]
by M-mo-do | 2007-05-01 13:23 | 国内
ついに、正式に許可になりましたか。 これが、もちろん使われないのがいいと思いますが、仮に第一号が入ったら、マスコミ各社が一斉に親を探すんでしょうね。 ドイツの例もあるし、うまく運用して欲しいですね。

赤ちゃんポスト許可発表へ 熊本市長が午後会見

 親が育てられない新生児を匿名で預かる熊本市の慈恵病院が計画の「赤ちゃんポスト」(こうのとりのゆりかご)について、同市の幸山政史市長は5日午後、設置の許可を正式に発表する。ドイツなど欧米各国では同様の取り組みが既にあるが、国内での本格的な施設は初めて。「捨て子の奨励につながる」など反対意見もあるが、熊本市は、法的問題を国に確認した上で許可は可能と判断した。
[PR]
by M-mo-do | 2007-04-05 11:48 | 国内
熊本市の病院が赤ちゃんポストの設置を申請していますが、良い事例が出来たと思います。入れたあとの対応が、海外的ではありますが、ベンチマーキングする価値はあると思います。
安倍さんが、難色示しているそうですが、是非前向きに検討して欲しいですね。

<赤ちゃんポスト>昨年末新設、男児を初保護 ローマの病院

ローマ東郊の総合病院が昨年12月に新設した「赤ちゃんポスト」に24日、男児が預けられ、1人目として保護された。26日付イタリア各紙が報じた。

 男児は生後3~4カ月のイタリア人とみられ、24日夜、病院に隣接するプレハブ棟のベッドに置かれた。センサー式の警報が鳴ったため、医師らが駆け付けて保護した。

 同病院では育児が困難な若い母親を助け、赤ちゃんを受け入れようと、実験的に「ポスト」を設置。入り口には「捨てないで。私たちに預けて」と記されている。

 イタリアでは12世紀末から19世紀にかけて教会などが捨てられた赤ちゃんを預かる制度があった。現在、赤ちゃんがゴミ箱などに捨てられる事件が時折起き、社会問題となっている。

 同病院は男児を「ステファノ」と名付け、養子に出すことを検討している。医師はイタリア紙に「もし母親が赤ちゃんを取り戻したいのなら、経済的、心理的に支援したい」と話している。

 トゥルコ保健相とビンディ家族問題相は今回の保護を「見習うべき成功例」と評価、産婦人科のある全国の病院で「ポスト」を導入すべきだと提案している。
[PR]
by M-mo-do | 2007-02-27 11:16 | 海外