気になった言葉を綴ります


by M-mo-do
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:地球温暖化 ( 4 ) タグの人気記事

近頃のテレビで、地球温暖化や環境問題は間違いだという反論をしていた人がいましたが、一体どっちが正しいのでしょうね。 しかし、温暖化になればいろんなところで問題がでてきます。 企業努力でぜひともCO2の削減をがんばって欲しいですね。

<地球温暖化>3度超上昇で水不足さらに数億人 IPCC

 ブリュッセルで開催されていた国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」の第2作業部会は6日、地球温暖化が人類や生態系に与える影響を盛り込んだ報告書を採択し閉幕した。観測した90%以上の地点で温暖化の影響を受けていたほか、平均気温の上昇を90年に比べ2~3度までに抑えることができなければ、深刻な水不足に直面する人口が2020年ごろに数億人増えると予測している。

 報告書によると、観測の空白域だった途上国でも温暖化の影響に関する分析が進んだ。評価した2万9000件以上のデータの90%以上で温暖化の影響が確認された。

 同部会は2~3度の許容限度を超えて気温が上昇した場合に新たに起きる悪影響などについて議論。中緯度以下の地域や半乾燥地域で干ばつが増加して数億人が影響を受け、低緯度地域で穀物生産が低下する一方、中高緯度で逆に生産性が向上することを示した。また、海水面が上昇して沿岸部での洪水被害が毎年、最大数百万人に及ぶという。

 生態系への影響も深刻で、最大30%の種が絶滅の危機にひんし、サンゴのほとんどが白化。15~40%の生態系に悪影響が出る。その結果、これまで二酸化炭素を吸収していたと考えられていた陸域生態系が逆に放出するようになるという。

 会議は現地時間の5日に終える予定だったが、気温上昇幅の許容限度などの議論が紛糾し、翌6日の午後まで断続的に続いた。IPCCのパチャウリ議長は「今回明らかになった各地の影響を最も受けやすいのは貧しい人々だ。世界には彼らを救う責任がある」とまとめた。【山本建】

 ▽IPCC 1988年に設置された国連の組織。三つの作業部会に分かれ、第1は地球温暖化の進行の分析、第2は温暖化による影響、第3はその対策を協議する。報告書は5~6年おきに作成され、今回は4回目。第1作業部会は2月、21世紀末に地球の平均気温が最大で6・4度、海面は最大59センチ上昇するとの予測をまとめた。第3作業部会は4月30日~5月3日、バンコクで開かれる。

 ◇解説…許容限度1度の差で対応に違い

 国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」は、許容できる平均気温上昇の限度を1990年比で2度とした原案から、3度まで範囲を広げた。わずか1度の幅だが、二酸化炭素(CO2)排出量でみると、削減か増加でもよいのかという大きな違いをもたらす。

 最新の研究では、2度の上昇で抑えるには2050年のCO2排出量を00年に比べ30~60%削減しなければならない。だが、3度ならば10~60%増でも達成は可能になり、今後の温室効果ガス削減策に根本的な違いが出てくる。

 今回の決定には先進国と途上国の間の複雑な利害が反映されているが、経済発展で温室効果ガスの排出増が確実視されている中国などに有利といえそうだ。

 しかし、3度に抑える場合でも、途上国のCO2排出量が今の勢いで伸びると、50年には先進国の排出量をゼロにしなければ達成できない。国立環境研究所の甲斐沼美紀子温暖化対策評価研究室長は「大気中に放出されたCO2を減らすことは難しい。前倒しで対策を取る重要性に変わりはない」と警告する。
[PR]
by M-mo-do | 2007-04-07 11:15 | 海外
すごい計画ですね。農作物の種子を守っていくことは良いことだと思いますので、是非全世界が一体でがんばってほしいですね。

北極域に種子の大冷蔵庫構想 国際組織が300万種の収集目標

 北極近くの島の岩山にトンネルを掘って「天然の冷蔵庫」にし、世界各国に存在する農作物の種子などを長期間保存する施設の建設計画を、国連食糧農業機関(FAO)や世界銀行が出資する国際組織が16日明らかにした。人類の貴重な「遺伝資源」である種子の消失に歯止めをかけ、将来の環境変化に備える。今後200年間に地球温暖化が進み、海面上昇や異常気象が発生しても、約300万種保存の種子バンクを目指す。
[PR]
by M-mo-do | 2007-02-16 10:16 | 海外
氷河って、南極や北極の氷かと思っていたら、山脈などの頂上などにある氷だったんですね。
まだ、山の氷であれば、山に吸収され自然に回っていくと思うので大丈夫かと思いますが、しかし、地球温暖化が進んでいるのは間違いありません。 地表が海と面しているところはあぶないですね。 みんな出来ることから、地球温暖化防止のためにがんばっていきましょうかね。

氷河の減少、80年代の3倍…気候変動で環境も変化
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070130-00000004-yom-soci

 国連環境計画(UNEP)は29日、世界各地で氷河の縮小が急激にペースを速めており、2000~05年の間に観測された氷河融解のスピードは、1980年代の3倍に達したとする最新データを公表した。

 欧州アルプスなど世界の9山脈、約30か所の氷河で行った調査結果によると、各地の氷河の厚さは、平均で年約60センチ減少。この氷が解け出すスピードは、90年代の1・6倍、80年代の3倍のペースに相当するという。また、05年に計測した氷河の厚さは、前年に比べて各地の平均で約62・5センチ縮小。04年は、同約72・5センチの氷が消失した。

 調査を担当したのは、スイス・チューリヒに本部を置く研究機関「世界氷河モニタリングサービス」(WGMS)。UNEPや各国の支援を受け、各地で氷河の観測を続けている。
[PR]
by M-mo-do | 2007-01-31 12:15
そういうことが出来るのですか?出来るんでしょうねこれの法整備に取り組みを検討って書いてありますから。
チーム6%というスローガンを達成する為には、こういう技術開発しないとむずかしいでのでしょう。やはりCO2を排出を減らすのはむずかしいのでしょうか?
環境問題として、きれいな地球を残していくには必要と思うのでうまくいって欲しいと思います。

CO2の地下貯留で法整備へ 環境省の専門委が容認

 地球温暖化対策として、工場などから出る2酸化炭素(CO2)を海底下の地層に貯留することの是非を検討していた中央環境審議会の専門委員会は26日、事業者が継続的に監視することなどを条件に認めるとの報告書案をまとめた。環境省は報告書案に基づいて、来年3月にも海洋汚染防止法の改正案を国会に提出する方針で、国内での地下貯留実施に向けた制度が整備されることになる。
[PR]
by M-mo-do | 2006-12-26 22:28