気になった言葉を綴ります


by M-mo-do
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:イラク ( 3 ) タグの人気記事

裏では、イラク地方に眠る石油の為にしているんだと聞いたことがありますが、そういうのがないと資金提供なんてしませんよね。
しかし、国連に加入してもいいくらいがんばっていますが、まだダメなんでしょうか?

イラク復興126億円緊急支援 政府、医療や治安安定に

 政府は23日の閣議で、イラク復興の人道支援として1億450万ドル(約126億円)の無償資金協力を緊急実施することを決めた。イラク国内の治安が悪化しテロの被害者も増加していることから、援助が手薄になっている地域を中心に、医療や治安安定を資金面で支援する。少数勢力であるイスラム教スンニ派やクルド人の居住地域などが対象になる。
[PR]
by M-mo-do | 2007-02-23 12:19 | 国内
イランもだんだん北朝鮮化してきましたね。
いままでは、フセインのイラクが悪玉でいましたが、死刑された今、イラクが暴走し始めましたね。
核兵器はダメですが、技術自体はすばらしいと思うので、有効利用に使って欲しいものです。

<イラン>核開発継続 最高指導者が改めて強調

イランの最高指導者ハメネイ師(67)は8日、国営テレビを通じて演説し、核開発継続の意思を改めて強調した。米国のネオコン(新保守主義)系のウェブ上に4日、同師の死亡説が掲載されたが、イラン外務省がこれを否定したのに続き、ハメネイ師自らが国民に健在ぶりを示した。
[PR]
by M-mo-do | 2007-01-08 23:58
悪の巨星が落ちましたね。
しかし、アメリカとの戦争は濡れ衣を着せられて、悪の根源みたいに言われていましたが、イラクでは英雄だったそうで、戦争に負けた後も、意志をもったテロリストがいまだにテロを続けています。
死刑執行された後は荒れそうですね。

<フセイン死刑執行>波乱の人生、絞首台で終える

 フセイン元大統領は37年、イラク北部ティクリート近郊の貧農の家に生まれた。幼少時から独立心が旺盛で、4歳の時にイラク人の対英反乱軍におじが参加したのを機に外国の影響を嫌うようになった。

 56年の第2次中東戦争でナセル・エジプト大統領を支持して汎アラブ主義に目覚めた。57年にバース党に入党。59年に同党のテロ組織の一員としてカセム首相の暗殺を謀るが失敗。68年のバース党革命で指導的役割を果たし69年には革命指導評議会副議長となった。79年、バクル大統領の引退を受け大統領に就任、ほぼ全権を一手に収めた。

 その後、国内に約20万人にのぼる秘密警察による監視網を張り巡らせ、徹底した恐怖政治を敷いた。亡命した娘婿フセイン・カメル中将を96年に殺害するなど、身内でも背く者は容赦なかった。

 80年にはイランに侵攻、88年の停戦まで双方で数十万人の死者が出た。90年8月には領有権を主張していたクウェートに侵攻、91年1月に多国籍軍との湾岸戦争に突入した。イラン・イラク戦争中は化学兵器を使用。湾岸危機では日本人を含む外国人を人質に取り、ペルシャ湾に原油を流出させるなど物議を醸す行動も目立った。

 一方で元大統領は社会保障、教育に力を入れ、医療や教育無料化を実現。90年に国連制裁が発動されるまでバグダッドはアラブで最も医療水準の高い都市の一つだった。歴史上の英雄を好み、アラブの盟主を夢見た元大統領。革命、戦争を生きた波乱の人生はバグダッドの絞首台で終わった。
[PR]
by M-mo-do | 2006-12-30 23:14