気になった言葉を綴ります


by M-mo-do
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2007年 01月 ( 56 )   > この月の画像一覧

氷河って、南極や北極の氷かと思っていたら、山脈などの頂上などにある氷だったんですね。
まだ、山の氷であれば、山に吸収され自然に回っていくと思うので大丈夫かと思いますが、しかし、地球温暖化が進んでいるのは間違いありません。 地表が海と面しているところはあぶないですね。 みんな出来ることから、地球温暖化防止のためにがんばっていきましょうかね。

氷河の減少、80年代の3倍…気候変動で環境も変化
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070130-00000004-yom-soci

 国連環境計画(UNEP)は29日、世界各地で氷河の縮小が急激にペースを速めており、2000~05年の間に観測された氷河融解のスピードは、1980年代の3倍に達したとする最新データを公表した。

 欧州アルプスなど世界の9山脈、約30か所の氷河で行った調査結果によると、各地の氷河の厚さは、平均で年約60センチ減少。この氷が解け出すスピードは、90年代の1・6倍、80年代の3倍のペースに相当するという。また、05年に計測した氷河の厚さは、前年に比べて各地の平均で約62・5センチ縮小。04年は、同約72・5センチの氷が消失した。

 調査を担当したのは、スイス・チューリヒに本部を置く研究機関「世界氷河モニタリングサービス」(WGMS)。UNEPや各国の支援を受け、各地で氷河の観測を続けている。
[PR]
by M-mo-do | 2007-01-31 12:15
大変だーお受験って! ゆとり教育に影響で、私立に行く子が増えているとか、いないとか。
しかし、ますますお受験ブームが再来しているような気がしてなりません。
教育改正のゆとり教育が、受験に火をつけたとおもうので、こんどまた教育改正がありますが、みんなの意見も取り入れ、うまくまとめて欲しいと思います。

<中学受験>5万人超え過去最高 首都圏1都3県
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070131-00000028-mai-soci

 「12の春」が厳しさを増している。東京都、神奈川県で来月1日から入試が始まるなど、中学受験がピークを迎えているが、大手進学塾の予測では、首都圏1都3県の07年度入試の受験者は5万人を超え、過去最高となる見通し。政府の教育再生会議が「ゆとり教育」見直しを打ち出したが、公立校の不人気を裏付けた形だ。
 大手進学塾・四谷大塚(東京都中野区)は、07年度入試の受験者数を、既に1月10日から始まった埼玉県、同20日から始まった千葉県の出願状況などから、5万2500人と予測している。
 四谷大塚によると、これまでの最高は91年度の4万9500人。バブル崩壊後は99年度まで減少が続いたが、その後は上昇に転じている。07年度は91年度に比べて小学6年生全体の数が約9万人減少しているのに、過去最高となる見通しだ。岩崎隆義・中学情報部課長は「教科書の薄さに親が危機感を抱くなど『ゆとり教育』が影響している。一方、少子化の中で、公立にはない教育の独自性などを私立が打ち出してきたことも作用している」と解説する。
[PR]
by M-mo-do | 2007-01-31 12:07
就職活動している、友人と話をしていたら、パート・アルバイトが多く、正社員の求人が少ないし、労働賃金もとても安いといってました。
下記に書いてありますが、計算上は全員が就職できるだけの求人はあるでしょうが、新卒で入るのではないので、企業も完全失業者に対しては、足元を見ているんだなと思います。

<06年の有効求人倍率、14年ぶりに1倍台を回復>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070130-00000302-yom-bus_all

 厚生労働省が30日公表した2006年の年平均の有効求人倍率は1・06倍となり、14年ぶりに1倍台を回復した。

 また、総務省によると、同年の年平均完全失業率は4・1%で、4年連続で低下した。景気回復による雇用情勢の改善がより鮮明になった。

 年平均の有効求人倍率は4年連続で前年を上回っており、02年の0・54倍から、ほぼ2倍の水準に回復した。有効求人倍率が1倍を超えると、計算上は、職を探す人全員が就職することができるだけ企業の求人があることになる。

 06年の年平均の完全失業者数は前年比19万人減の275万人となり、4年連続の減少。自営業も含む就業者数は、26万人増の6382万人だった。サラリーマンら雇用者数は79万人増の5472万人で、1953年の調査開始以来、過去最高となった。
[PR]
by M-mo-do | 2007-01-30 13:11
このニュースを2日前に見た瞬間、女性人を敵に回すだろうなと思っていましたが、やはりこういう自体になりましたか。
柳沢厚生労働大臣がインタビューされ、釈明していましたが、歯切れが悪く、あんなジジイはとっとといなくなれと思いました。
しかし、また安倍さんがウダウダして、指導力のなさを見せてくれるんでしょうね。

<柳沢厚労相発言>女性・市民団体などからも辞任求める声

 柳沢伯夫厚生労働相の「女性は産む機械」発言を受け、女性・市民団体などからも辞任を求める声が広がってきた。

 日本婦人有権者同盟(代表・紀平悌子元参院議員)は「女性の人権をないがしろにした最低な発言だ。女性の人格を否定した差別発言を公共の場でしたことは、厚生労働相として許されない」と辞任を求める文書を30日午後、首相官邸などに送る。紀平代表は「女性が労働、家庭環境で苦しみ、出産が難しい時代なのに、まったく時代のセンスがない」と憤る。

 日本労働組合総連合会(連合)も29日「女性の基本的人権そのものを否定し、侵害するものであり、とうてい容認できない。少子化の担当大臣の発言として極めて不適切で許されない」と抗議し、辞任を要求する談話を発表した。
[PR]
by M-mo-do | 2007-01-30 13:08
不二家のジュースは、サッポロ飲料が作っているので安心ですが、不二家ブランドってことで、たしかに、みんな飲みたくないだろうし、休止は当然かなと思います。
また、不二家で、チョコレートにガが混入というニュースがあってましたが、なんて会社なんでしょうね不二家って。 ペコちゃん人形の舌出しているのをみたら、あっかんベーされているみたいで、むかつきます。

<不二家、「ネクター」など飲料製品の販売休止へ>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070130-00000770-reu-bus_all

 不二家<2211.T>は30日、「ネクター」など飲料製品の販売を2月1日から一時休止すると発表した。飲料製品については安全が確認できているものの、市場に混乱を引き起こしていることを考慮し、販売代理店のサッポロ飲料と協議した結果、休止を決めたという。飲料事業部門の2005年度の売上高は約48億円。
[PR]
by M-mo-do | 2007-01-30 12:54
めずらしいケースですね。 芸能事務所が雑誌を出すなんて。 また、所属男性タレント特集って、女性タレントなら、買って見ようかと食指も動きますが、男性ですか・・・。 しかし、このスターダストに所属しているタレントさんは、一癖ありそうな人多くないですか? 沢尻エリカ姫だけを特集してくれないかなー^^

<中谷美紀、竹内結子らの事務所スターダストがタレント誌創刊>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070129-00000099-sph-ent

 女優の中谷美紀(31)、竹内結子(26)、柴咲コウ(25)らを抱える大手芸能事務所「スターダストプロモーション」が、所属の男性タレントを特集した季刊誌「REAL☆G」(700円)を創刊し28日、東京・渋谷のタワーレコードで所属歌手のK(23)が記念イベントに出演した。芸能事務所が雑誌を発刊するのは初めて。今後は女性アイドル誌なども計画しており、新たな芸能ビジネスに乗り出す。

 スターダストは中谷、竹内、柴咲や常盤貴子(34)、松雪泰子(34)、沢尻エリカ(20)ら人気女優を多数抱える事務所。男性は安藤政信(31)、山田孝之(23)らが所属しているが、雑誌第1弾として若手の男性13組を特集した「REAL☆G」を創刊した。

 ムック形式の「REAL☆G vol.1」は、Kのほか市原隼人(19)、高岡蒼甫(24)、塩谷瞬(24)らを特集。オールカラーでグラビアとインタビューが中心となっている。「-vol.1」は全112ページで、編集担当者は「写真は総1000カットの中から選び、紙質や印刷も写真集並みのクオリティーを実現した」と話している。

 発行は、映画製作を手掛ける同社の関連会社「SDP」で、映画情報も毎号掲載。「-vol.1」では映画「Dear Friends」に主演する所属の北川景子(20)、本仮屋ユイカ(19)が登場する。2号は4月下旬に発売を予定している。

 新メディア 芸能事務所が自社のタレントを使った雑誌ビジネスを展開するのは初めて。インターネットや携帯サイトも利用しながら、タレントたちの生の声を発信していく。今回の「-vol.1」の高岡と塩谷の記事は写真のみ、インタビューはウェブサイトで掲載するという手法をとっている。関係者は「同誌でしかできない衝撃告白なども企画したい」と話している。

 同社では今後も、若手女性タレントの雑誌や20~30代の女優たちの雑誌の創刊を計画しており、雑誌から新たな芸能メディアの確立を目指す。
[PR]
by M-mo-do | 2007-01-29 10:03
もったいなかー! なにかに流用ってできないのでしょうかね。 しかし、都会ではこういう夢のシステムが構築されていたなんて知りませんでした。 たしかに、以前までは大量消費に大量廃棄でしたが、環境問題や、リサイクル法などここ最近環境も変わってきたと思います。 使わなくなったから、はいおしまいってのは、あんまりだとおもいますので、有効活用してもらいたいですね。

<パイプで輸送「夢のゴミ収集」、次々廃止…廃墟化恐れ>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070129-00000001-yom-soci

 地下に張り巡らせた輸送管でごみを収集する「管路収集」の廃止が相次いでいる。

 ごみ袋や収集車が姿を消す「夢のシステム」として、大規模ニュータウンなどに巨費を投じて導入されたが、ごみの減量化や分別収集のエコロジー時代に合わなくなった。

 東京・多摩ニュータウンなどで廃止されたほか、横浜市の「みなとみらい21」や千葉県の「千葉ニュータウン」も廃止される見通し。施設の撤去には多額の費用がかかることから、「大量消費、大量廃棄時代の遺物」として、各地で廃虚化する恐れがある。

 管路収集は1970~90年代にかけて、全国10か所以上で導入された。

 多摩ニュータウン「多摩センター地区」(82ヘクタール)では1983年、東京都多摩市が約50億円をかけ、稼働させた。約600か所のダストシュートなどから捨てられたごみは総延長6・5キロの金属管を通り、吸引機で収集センターに集められた。
[PR]
by M-mo-do | 2007-01-29 09:54
証券会社も、どんどん提携を進めていますね。 今回のNY証券取引所の他にも、ロンドン証券取引所とも提携を進めています。 株式の世界は、日々巨万の金額が動き、市場を動かしています。 今でも、日本にいながら、米国の株式等が買えますが、ますます身近に、多種多様な取引が出来るようになっていくんでしょうね。

関連記事→http://ym.livedoor.biz/archives/50328640.html

<東証、NY証取と提携で合意へ=第一弾は投信の相互上場など>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070128-00000030-jij-bus_all

 東京証券取引所は31日にも、ニューヨーク証券取引所(NYSE)と上場投資信託(ETF)の相互上場などを柱とする業務提携を結ぶことで合意する。2009年度をめどとする資本提携を視野に入れた関係強化の第一弾。取引所間の競争が激化する中、東証は世界1の取引規模を誇るNY証取と連携することで、国際戦略に弾みを付けたい考えだ。
[PR]
by M-mo-do | 2007-01-28 22:47
一般的に考えて、自分は必要ないんじゃないかなーと思っています。 バリバリのキャリアウーマンや、士業、先生など、必要に応じ別姓を名乗るのはいいのかと思います。 仮に、結婚し、子供が生まれ、苗字がお父さんと、お母さんが違えば、なんで違うの?なんて疑問を投げかけられそうです。 女性の社会進出によってこの議題が浮き出てきたとおもいますが、したい人はすればいいんじゃないですかね。 自分は反対派ですが。

<夫婦別姓制度 容認派減り、反対派増える 内閣府世論調査>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070128-00000000-maip-pol

 内閣府が27日付で発表した「家族の法制に関する世論調査」で、選択的夫婦別姓制度を導入する法改正について「構わない」の容認派は36.6%となり01年の前回調査より5.5ポイント減った。「必要ない」の反対派は5.1ポイント増の35%で、前回は容認が反対を12.2ポイント上回ったが、今回は賛否がきっ抗した。法務省は「国民の意見が割れており、直ちに改正案を提出する必要はない」と慎重姿勢を示している。
 選択的夫婦別姓はこれまで、民法改正案が議員立法で18回提出され、廃案、継続審議となっており、今後、議員立法の動きにも影響しそうだ。
 調査は昨年11、12月、全国の成人男女5000人を対象に面接で実施。2766人(55.3%)が回答した。
 「容認」「反対」の他は「旧姓の通称使用を可能とする法改正は構わない」が25.1%だった。
 年代別にみると、20代で容認派が44.4%となるなど若い世代ほど理解を示した。逆に70歳以上では反対が58.2%に上った。男女別では、男性は反対(39.1%)が容認(37.0%)を上回り、女性は容認(36.2%)が反対(31.7%)より多かった。
 今回と同じ調査は96年から行われ、その際は反対(39.8%)が容認(32.5%)を上回った。2回目の01年調査で容認(42.1%)と反対(29.9%)が逆転した。
 東北大学大学院の辻村みよ子教授(憲法学)は調査結果について「男女共同参画社会基本法が99年に成立し、01年は夫婦別姓議論が高まりを見せていたころで、『改正容認』が高い数字になった。その後、危機感を抱いた保守層から『別姓は家族の一体感を損なう』といった反発があり、今回は多少ともその影響を受けたと思う」と分析している。
[PR]
by M-mo-do | 2007-01-28 22:29
このサービスいいねー。 今固定電話での通話料なんて、60円って請求書が着ていますよ。 仲間も、もったいないので、固定電話解約したなんて話も聞いて、自分も検討していたところでした。 しかし、FMCを使えば、問題クリアーです。 今年の秋に解禁になるようにがんばって欲しいと思います。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070126-00000113-yom-bus_all

<同一電話番号、携帯・固定で使用可能…今秋にも解禁>

 総務省は26日、一つの電話番号で、外出時には携帯電話として、自宅などでは固定電話として電話を使える通信サービス「FMC(固定と移動体の融合)」を、今秋にも解禁する方針を決めた。

 今秋にも関係省令を改正して、サービスの提供を希望する通信事業者に、新たに「060」から始まる11ケタの番号を割り当てる方針だ。

 NTTなどは事業への参入を検討しており、新ビジネスを巡って、各社間の競争が加速しそうだ。

 情報通信審議会(総務相の諮問機関)は26日、FMC向け番号を事業者に割り当てることが適当とする答申案をまとめた。

 FMCは、屋外では携帯電話につながり、自宅などでは携帯電話よりも通話料の安い固定電話として使える利点がある。
[PR]
by M-mo-do | 2007-01-27 12:18