気になった言葉を綴ります


by M-mo-do
カレンダー

<   2006年 12月 ( 54 )   > この月の画像一覧

パパになるのですか、それはよかったですね。
タイガー・ウッズの子供もプロゴルファーになるのでしょうか?
親の背中を見て育つので、プロゴルファーになるのでしょう。あと20年後には大活躍することを期待して待っていたいと思います。

ウッズが今年夏にパパに=ウェブサイトで明らかに

ゴルフ界のスパースター、タイガー・ウッズと妻のエリンさんとの間に、2007年の夏に初の子供が誕生することが明らかになった。ウッズが31歳の誕生日の30日に、自身のサイトで明らかにした。
 ウッズはサイトで、友人および家族と一緒に31歳の誕生日を静かに祝っているとした後で、「でも、僕とエリンは、みんなに知ってもらいたいもっと素晴らしいニュース持っている。僕たちには、夏に最初の子供が生まれるんだ」と書いている。
 ウッズはさらに「僕たちにとって、これ以上幸せなことはない。僕の家族は興奮でわくわくしている。僕はいつも父親になりたいと願ってきた。父が生きていてこの喜びを分かち合えたら、どんなにかよかったのにと思っている」と述べている。
 ウッズの父親で良き師でもあったアールさんは、今年5月3日にがんで亡くなった。ウッズは04年10月に、スウェーデン人の元モデルのエリン・ノーデグレンさんと結婚した。
[PR]
by M-mo-do | 2006-12-31 18:16

2007個つるしびな!

もうそろそろ今年も終わりますね。
2007年が良い年でありますように、この2007個のつるしびなにお祈りしたいですね。
しかし、びなと書いてありますが、鶴や亀なんですね。雛人形のことだと思いました。

2007個の「つるしびな」 2007年にちなみ、群馬県榛東村

 群馬県榛東村の和雑貨店「地球屋」で、2007年にちなみ、鶴や亀などの縁起物をかたどった「つるしびな」2007個が飾られ、年末年始を近くの伊香保温泉で過ごす観光客らの目を楽しませている。つるしびなは、子どもの幸せを願い、約10センチ四方のちりめん細工を赤い絹糸でつり下げた、江戸時代から続く工芸品。
[PR]
by M-mo-do | 2006-12-31 18:06
歌唱賞の倖田來未と新人賞の絢香は順当だと思いましたが、レコード大賞が氷川きよしとは思いませんでした。
今年は、お笑いブームで歌の世界はあまりパットしなかったように思います。
来年は、心に残る名曲がいっぱい生まれたらいいと思います。

<レコード大賞>氷川きよしさんの「一剣」

 第48回日本レコード大賞(日本作曲家協会など主催)の最終審査が30日、東京・新国立劇場であり、大賞は氷川きよしの「一剣」、最優秀歌唱賞は「夢のうた」の倖田來未、最優秀新人賞は絢香に決まった。
[PR]
by M-mo-do | 2006-12-30 23:20
悪の巨星が落ちましたね。
しかし、アメリカとの戦争は濡れ衣を着せられて、悪の根源みたいに言われていましたが、イラクでは英雄だったそうで、戦争に負けた後も、意志をもったテロリストがいまだにテロを続けています。
死刑執行された後は荒れそうですね。

<フセイン死刑執行>波乱の人生、絞首台で終える

 フセイン元大統領は37年、イラク北部ティクリート近郊の貧農の家に生まれた。幼少時から独立心が旺盛で、4歳の時にイラク人の対英反乱軍におじが参加したのを機に外国の影響を嫌うようになった。

 56年の第2次中東戦争でナセル・エジプト大統領を支持して汎アラブ主義に目覚めた。57年にバース党に入党。59年に同党のテロ組織の一員としてカセム首相の暗殺を謀るが失敗。68年のバース党革命で指導的役割を果たし69年には革命指導評議会副議長となった。79年、バクル大統領の引退を受け大統領に就任、ほぼ全権を一手に収めた。

 その後、国内に約20万人にのぼる秘密警察による監視網を張り巡らせ、徹底した恐怖政治を敷いた。亡命した娘婿フセイン・カメル中将を96年に殺害するなど、身内でも背く者は容赦なかった。

 80年にはイランに侵攻、88年の停戦まで双方で数十万人の死者が出た。90年8月には領有権を主張していたクウェートに侵攻、91年1月に多国籍軍との湾岸戦争に突入した。イラン・イラク戦争中は化学兵器を使用。湾岸危機では日本人を含む外国人を人質に取り、ペルシャ湾に原油を流出させるなど物議を醸す行動も目立った。

 一方で元大統領は社会保障、教育に力を入れ、医療や教育無料化を実現。90年に国連制裁が発動されるまでバグダッドはアラブで最も医療水準の高い都市の一つだった。歴史上の英雄を好み、アラブの盟主を夢見た元大統領。革命、戦争を生きた波乱の人生はバグダッドの絞首台で終わった。
[PR]
by M-mo-do | 2006-12-30 23:14
赤の集団浦和が正月の天皇杯での名物詩になってきましたね。
さーて今年はどちらが競り勝つのでしょうか?
正月元日はけっこう暇なのでゆっくりTV観戦したいと思います。

元日の決戦は浦和-G大阪 サッカー天皇杯選手権

 サッカーの第86回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催)は29日、東京・国立競技場などで準決勝2試合を行いJリーグ1部(J1)勢の浦和とG大阪が勝って来年1月1日の決勝(国立)に進んだ。J1勢同士の対戦は2連覇を狙う浦和が鹿島に2-1と競り勝ち、2大会連続9度目の決勝進出。G大阪も2-1で札幌を退け第70回大会以来16大会ぶりに決勝へ進んだ。
[PR]
by M-mo-do | 2006-12-29 21:55
初優勝おめでとうですね。
しかし、安藤美姫は転倒しておしかったですね。
女子フィギアスケートは、スター選手も多く、世界選手権でもがんばってくれることを期待しています。

女子は浅田真が初優勝 全日本フィギュア選手権最終日

 フィギュアスケートの第75回全日本選手権最終日は29日、名古屋で行われ、女子は浅田真央(16)が初優勝した。前日のショートプログラム(SP)で首位に立った浅田真は、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功させるなど、女子で初めて200点を突破する211・76点で圧勝。来年3月に東京で開催される世界選手権への初出場を確実にした。安藤美姫は転倒して2位、中野友加里が3位。
[PR]
by M-mo-do | 2006-12-29 21:24
今年は、芸能人の結婚が多い年でしたが、水面下では、離婚話も多々あっているのですね。
出川のバカですね。出川は離婚したほうが面白そうなので、ぜひ離婚してもらいたいと思いました。
自分の友人も離婚しそうなのでいろいろ離婚って考えさせられますよね。

風俗通いを始めた出川哲郎が三くだり半を突きつけられる

 大晦日まで1週間。芸能関係者の目下の関心は「年内にあと1組、大物夫婦の離婚が発覚する」というウワサだという。中村獅童と竹内結子夫妻のほかにも離婚危機を迎えている芸能人カップルがいるというのだ。
 そこで、芸能マスコミは「どの夫婦だ?」と血眼になって探し回っている。

「離婚するのは“あと2組”という話で、坂本龍一と矢野顕子の離婚が発覚して、残り1組に絞られました。今のところ、有力視されているのは、広末涼子とデザイナーの岡沢高宏夫妻。また、ウワサの段階ですが、宇多田ヒカルと夫の紀里谷和明氏の“別居情報”もある。事実なら離婚危機を迎えているとの見方もできます。最初の1組目が本当に大物同士だっただけに、芸能マスコミが必死に探し回るのも無理ありません」(芸能関係者)

 唐沢寿明と山口智子、中山美穂と辻仁成……。危機説が囁かれているカップルは多いが、意外な“大物”の離婚説も……。

「“抱かれたくない男ナンバーワン”の出川哲朗ですよ。出川は14歳下の元レースクイーン阿部瑠理子さんのハートを射止めて、2年前に結婚しました。阿部さんはチンチクリンの出川にはもったいないほどの美人。ところが、最近の出川は新婚当初は自粛していた風俗通いを解禁して、遊び歩いているそうです。出川が阿部さんに三くだり半を突き付けられて、“ヤバイよ~”と悲鳴を上げる日も近そうです」(芸能ライター)

 残りの1組は出川夫妻? もっとも、出川を“大物”といっていいか、疑問はあるけど……。
[PR]
by M-mo-do | 2006-12-28 14:01
しかし、スゴイ件数と被害金額ですね。
よく10年間も捕まらなかったですね。
また、寺院で盗んだものは売り払っていたのでしょうか?
まー10年間も、また44都府県も移動していたのなら、買い取ってもらっていたのでしょうね。
まったく酷い事件ですね。

寺専門に600件の盗み自供 10年間で3億4千万

 熊本県八代市の寺に盗みに入り住職にけがを負わせたとして、強盗致傷容疑で逮捕された無職藤井博司被告(55)が、熊本県警の調べに、寺専門に約600件の盗みを繰り返したと自供していることが28日、分かった。犯行は95年ごろから約10年間にわたり、44都府県にまたがっていた。県警は約350件、被害総額約3億4000万円の窃盗について裏付けを取り、うち12件を追送検した。
[PR]
by M-mo-do | 2006-12-28 13:51
いまさら再婚しても一般人にとっては安室奈美恵にそんなに商品価値を見出してないような気がします。
いっそのこと、SAMじゃなくV6の三宅健と再婚だったら話は別、がんばってもらいたいものです。

安室奈美恵の復縁話の裏に再売出し作戦

 安室奈美恵(29)に元夫のSAM(44)と復縁するという情報が流れている。発売中の「週刊現代」が報じているものだ。かつて?歌姫?といわれ、爆発的にヒットを飛ばした安室だが、SAM、長男との旅行などが話題になったり、V6の三宅健との親密交際が取り上げられたり、中途半端なイメージが定着している。周囲はそれならいっそのことSAMと復縁してすっきりさせ、再売り出しを図ろうとしているという……。
[PR]
by M-mo-do | 2006-12-27 15:42
なにが原因だったのでしょう。合計500万部以上売り上げてる脳内革命での印税もいっぱい入ってきていたと思いますし、脳内革命を起こし、変な方向へ向かっちゃたんでしょうね。
しかし、ここ最近病院の倒産が多いように感じます。病院も弱肉強食時代に突入したのでしょうね。

「脳内革命」の著書が破産 経営病院は診療中止

 ベストセラー「脳内革命」の著者で、神奈川県大和市で「田園都市厚生病院」を経営する春山茂雄院長が東京地裁から破産手続きの開始決定を受けていたことが27日、分かった。同病院は内科、外科など16科がある総合病院。入院患者約140人は転院させ、外来患者の受け付けを中止しているという。春山院長の著書で95年、96年発売の「脳内革命」「脳内革命2」は計500万部以上が出版された。
[PR]
by M-mo-do | 2006-12-27 15:37