気になった言葉を綴ります


by M-mo-do
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:スポーツ( 38 )

ニュースで取り組みを見たのですが、どこも朝青龍びいきの取材をしていて、結果白鵬が優勝して、なんだかとても良かったような気がします。
白鵬対朝青龍というモンゴル出身の力士の対決ということで、少し寂しい気もしますが、悪の朝青龍が負けたことによって、日本中のみんなが喜んだと思います。
いやはや、白鵬ゆうしょうおめでとう!!

白鵬V3!「休んでいた横綱に負けられなかった」

 大相撲初場所千秋楽(27日、東京・両国国技館)平成14年秋場所の武蔵丸-貴乃花以来史上22度目、外国勢同士では初となった横綱同士の千秋楽相星決戦で、2場所出場停止明けの朝青龍(27)は白鵬(22)に上手投げで敗れ、復活優勝を逃した。白鵬は14勝1敗で3場所連続6度目の優勝を決めた。白鵬の3連覇は初。(観衆=1万1000)

 最強を証明した。最後の仕切りでは長いにらみ合いで一歩も引かず、右張り差しから右四つに組み止めた。朝青龍につり出されそうになったが、じりじりと土俵際まで追い込む。中央まで戻されて再びつられたが、最後は左からの豪快な上手投げ。相手を土俵にたたきつけると、勝利を祝福されるように座布団が乱れ飛んだ。

 ある中堅親方が「もし朝青龍に優勝させるようなら、幕内力士はみんな丸刈りだ。情けないだろう」と言うように、白鵬にかかる重圧はかなりのものだった。「(朝青龍は)休んでいた横綱。(自分は)夏巡業からずっと頑張ってきた。気持ちだけでは、絶対に負けないぞと思いました」。

 場所中は腰痛とも戦っていた。昨年九州場所から痛め、今場所は宮城野部屋付きで育て親の熊ケ谷親方(元幕内竹葉山)から紹介された整体師を香川県から呼び寄せたほどだった。

 家族愛で痛みとプレッシャーを乗り切った。妻・紗代子さん(23)は睡眠を取れるようにスープと野菜を中心とした食事を用意してくれた。また、毎日マッサージを続けてくれた。昨年5月10日に生まれた長女・愛美羽(あみう)ちゃんが、今場所11日目に初めて歩いた。場所中でも一緒に風呂に入る溺愛(できあい)ぶり。前日(10日目)に関脇安馬に敗れ土がついた白鵬にとって、生後8カ月13日で歩くことを覚えたまな娘の成長に勇気づけられた。

 「3連覇が大きな目標だった。一番近い目標が4連覇。応援してくれた方々の期待を裏切らなくてよかった」

 支度部屋に連日のように有名人が訪れる朝青龍ほどの華やかさはまだない。表彰式後には大切な妻と長女、初土俵から支援してくれた後援者に囲まれて記念写真に納まった。横綱になっても人柄の良さは変わらない。孤高な戦いに挑んだ朝青龍とは対照的に、白鵬が周囲のバックアップを得て、最高の笑顔を手に入れた。
[PR]
by M-mo-do | 2008-01-28 10:51 | スポーツ

福留や黒田が大リーグへ

しかし、ここ最近大リーグへ行く名選手の契約金額が高額になっていますね。
このまま、日本人野球選手の活躍が続けば、どんどん優秀な選手がフリーエージェントのたびに、海外へ移籍して行くのではないでしょうか。
福留もいい選手ですが、年報13億円の働きが出来るのか疑問ですけどね。

カブス、福留と合意 4年契約

米大リーグ、カブスは12日、前中日の福留孝介外野手と4年契約で基本合意したと発表した。AP通信によると、4年総額4800万ドル(約53億7600万円)。週明けに予定される身体検査の結果を待って正式契約する。ジム・ヘンドリーGMは「カブスを選んでくれたことを光栄に思う」。米大リーグ球団と契約するため前広島の黒田博樹投手は12日、ロサンゼルスに到着した。
[PR]
by M-mo-do | 2007-12-13 12:18 | スポーツ

星野JAPANが宮崎で合宿

昨日は、中日がアジア王者になりましたね。
やはり、国の代表として出るので、野球も格闘技並みに感じます。
オリンピックで野球の種目が最後になるみたいなので、有終の美を是非勝ち取って欲しいと思います。
宮崎に、キャンプしているみたいなので、暇があれば行ってみたいものですね。

北京五輪目指し本格始動 野球の日本代表候補が合宿

 北京五輪予選を兼ねた野球のアジア選手権(11-12月・台湾)に臨む日本代表の最終候補選手が12日、宮崎市のサンマリンスタジアム宮崎で強化合宿を開始した。初日の練習には中日の5選手と愛知工大の長谷部を除く25人が参加。19日まで行われる合宿では17日から3日連続で実戦面に重点を置いて決戦に備える。星野監督は「ハートとコンディションを仕上げて台湾に向かいたい」と話した。
[PR]
by M-mo-do | 2007-11-12 11:35 | スポーツ
まさかの4連勝で優勝してしまうとは思ってもいませんでした。
松坂もがんばったし、岡島もがんばったし、終わってみればよかったですね。
松井も、ロッキーズで重宝され、来季の契約の話も上がっているみたいだし、大リーグが終わったので、後は日本のプロ野球ですが、日本ハムと中日どちらが勝つのでしょうね?

レ軍が4連勝で優勝 岡島2失点、松井稼1安打

米大リーグ、ワールドシリーズ(7回戦制)は28日、当地のクアーズ・フィールドでロッキーズ(ナ・リーグ)-レッドソックス(ア・リーグ)第4戦を行い、レッドソックスが4-3で勝ち、4連勝で3年ぶり7度目の優勝を果たした。カージナルスを下した04年に続き、4連勝で頂点に立った。岡島は1/3回で2安打2失点、松井稼は4打数1安打で、8回守備途中で交代。
[PR]
by M-mo-do | 2007-10-29 14:06 | スポーツ
今日、一番兄の興毅が謝罪会見したみたいですが、父史郎は謝るのがイヤなんでしょうね。
大毅も、出てこない、亀田家は、優勢な時は人一倍前に出てきますが、立場が悪いとみっともない。
本当に、こういう厳罰が下されてよかったと思います。

亀田史郎氏は辞任 世界戦の反則問題で

 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチで反則を繰り返した亀田大毅選手らがライセンス停止処分を受けた問題で、協栄ジムの金平会長は26日、契約関係にあった父で元トレーナーの史郎氏から辞任の申し出があり、受理したと発表。日本ボクシングコミッションから無期限のセコンドライセンス停止処分を科された史郎氏にとって、ボクシング界への復帰の道を自ら閉ざした形となった。
[PR]
by M-mo-do | 2007-10-26 12:44 | スポーツ
浦和がPK戦制し決勝まで残りましたが、ここまできたら是非優勝して欲しいですね。
でも、やはりヨーロッパのクラブチームを見ていると、日本もアジアもまだまだだと思いますね。
サッカーを日本で輝かす為にも、浦和レッズには死ぬ気でがんばって欲しいです。

浦和はセパハンと決勝 サッカーのアジアCL

 サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は24日、アラブ首長国連邦でホームアンドアウエー方式の準決勝第2戦を行い、アルワハダ(UAE)とセパハン(イラン)は0-0で引き分けたが、第1戦を3-1で制したセパハンが2戦合計の成績で決勝に進出した。イランのクラブでは初の決勝進出となったセパハンは11月7、14日の決勝で昨季Jリーグ王者の浦和と対戦する。
[PR]
by M-mo-do | 2007-10-25 11:17 | スポーツ
一億円で鳴り物入りでレッドソックスへ入団、でも日本のような大活躍が出来ていない・・・レッドソックスもこの第7戦目によく松坂を先発で使っていると思います。
今日負けることがあれば、退団確実でしょうね。
しかし、今日はやってくれると信じています。 がんばれ松坂!!

松坂が天王山に先発登板 ア・リーグ優勝決定S

米大リーグ、レッドソックスの松坂大輔投手は21日、当地のフェンウェイ・パークで行われたインディアンスとのア・リーグ優勝決定シリーズの、3勝3敗で迎えた第7戦に先発、1回は3者凡退。松坂は15日の第3戦では5回途中で降板、6安打4失点で負け投手。ナ・リーグは既に松井稼頭央内野手が所属するロッキーズがリーグ優勝、Wシリーズでア・リーグ優勝チームと対戦する。
[PR]
by M-mo-do | 2007-10-22 11:09 | スポーツ
不運のホークス、今回は3位から日本一になって欲しいものです。
レギュラーリーグで1位になっても、その地位を守れなかったホークス。
今日の大事な試合は是非取って、札幌へ行って欲しいです。
松中も最後の意地を見せていますし、悲願の優勝目指してほしいと思っています。

ソフトバンク打線爆発!CS第2S逆王手で王監督が会心の笑顔

 (パ・クライマックスシリーズ第1S第2戦、ロッテ3-8ソフトバンク、第2戦、1勝1敗、9日、千葉)王ホークスが逆王手だ! パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)第1ステージ(3試合制)第2戦が9日、千葉マリンで行われ、ソフトバンクは主砲・松中信彦内野手(33)が2安打3打点と爆発。15安打の猛攻で8-3とロッテにリベンジし、1勝1敗とした。10日の第3戦で勝利したチームが、13日から始まる日本ハムとの第2ステージ(札幌ドーム、5試合制)に駒を進める。

 王監督のこんな会心の笑顔はいつ以来だろう。敵地・幕張の海風に乗って、鷹打線が力強く、軽やかな旋律を奏でた。初戦を落とし、徳俵に足をかけた王ホークスが、CS第2ステージ進出へ逆王手をかけた。

 「小林が調子出る前にパンと打てたね。畳みかけることができた。(松中が打てば)元気が出るよな。弾みがつくよね」

 指揮官の声が弾む。今季13勝のロッテ先発、小林宏を二回途中でKOし、15安打8得点で圧勝。猛攻の主人公は、主砲・松中だ。

 一回には右中間適時二塁打、二回にも二ゴロで打点を挙げる。そして四回一死、右翼席中段へ、8月21日の西武戦(ヤフードーム)の15号以来、実に101打席ぶりとなるソロアーチ。ダイヤモンドを駆けながら、左手人さし指を何度も鷹党が陣取る三塁側スタンドに向かって突き上げた。

 「今年はあのコースが全部、凡打になっていた。今年一番の当たり」

 04年のパ・リーグ三冠王も、今季は打率.266と絶不調に悩んだ。4年ぶりに4番を外され、右ふくらはぎ痛で9月下旬には6年半ぶりの選手登録抹消も味わった。自他ともに認める最悪のシーズンだった。

 このままでは、終われない。強い決意があった。パ・リーグでプレーオフが始まった04年以降、レギュラーシーズンでは活躍しながら、ポストシーズンでは結果を残せず、「大舞台に弱い主砲」というレッテルがはられた。

 去年は西武との第1ステージで本塁打して涙を浮かべた。「涙は最後。監督を胴上げしてから。もやもやは登録抹消中に払えたよ」。この決戦前には、その熱い思いをひとつまみの塩に込め、ベンチ前にまいて必勝を誓った。打てない過去との決別を宣言。屈強な主砲が帰ってきた。

 王監督も復活した4番に頼もしげだ。チームも松中同様、04、05年はレギュラーシーズントップながら、プレーオフで敗退。同3位の昨年も日本ハムの前に敗れた。今年は勝つ! 7日、福岡を発つ際、王監督はすでに最低気温10度を下回り、冷え込む札幌用の防寒具をスーツケースへしのばせた。ロッテに負ける気は、さらさらない。心はすでに13日からのCS第2ステージへ、そして27日開幕の日本シリーズへ向いている。

 「(打線に)これだけのつながりが出たのは心強い。勢いがつくことは間違いないよ」

 王監督はじめ、ホークスナインは、頂点へと続く道を切り開く。
[PR]
by M-mo-do | 2007-10-10 10:46 | スポーツ
でも、生の優勝の胴上げのシーンをTVで見れなかったのは残念ですね。
昔は、番組を割いてでも、あっていたような気がします。
優勝して、悔しがっているのは、堀内元監督だけでしょう。
原監督には、これからもがんばって欲しいですね。
ところで、来年井口が巨人に入るって本当なんですかね!?

原監督 逆転サヨナラ5年ぶりV奪回

 【巨人5-4ヤクルト】サヨナラだ!5年ぶりだ!奪回だ!優勝マジック1で迎えた巨人は2日、ヤクルト相手に9回2死満塁から、清水隆行外野手(33)の遊撃内野安打が一塁悪送球を誘う間に劇的なサヨナラ勝ち。原辰徳監督(49)の前回、第1次原政権1年目の02年以来となる5年ぶり31度目のリーグ優勝を果たした。巨人は日本シリーズ切符を懸けて、クライマックスシリーズ第2ステージで中日、阪神の第1ステージ勝者と戦う。

 目が潤んでいく。1、2、3回…。屈強なナインの手で原監督が東京ドームの宙を舞った。逆転サヨナラという劇的フィナーレ。お立ち台では感謝の言葉があふれた。

 「今年のゲームを象徴するように選手たちは粘り強く戦ってくれた。選手たちは4年ほど悔しい思いをし、私も非常に悔しかった。ファンも悔しかったと思う。その悔しさをぶつけて戦った。最高です」

 自ら指揮を執った02年以来5年ぶりのリーグ優勝。日本一に輝きながら翌03年、当時のフロントとの確執で辞任してから1467日。シーズン終盤の史上まれに見る中日と阪神との三つ巴の首位争い。再びセ界の頂点に立った。

 昨年2月に他界した恩師・藤田元司元監督(享年74)にささげる“奪回”だった。05年オフ、監督就任要請があった際に藤田氏から「戦力も整っていないし、まだ受けるな。まだ早い」と言われた。それでも低迷を続ける、愛する巨人のため再びユニホームを着ることを決意。藤田氏は渡辺球団会長に「常勝チームをつくるには最低でも3年はかかる。5年以上のスパンで考えないと読売巨人軍は終わる」と直談判。渡辺会長は原監督の長期政権を宣言。藤田氏は最後の力を振り絞って愛弟子のために尽くした。

 原監督は、今でもシーズン中に采配に迷ったら恩師が眠る寺を訪れる。思い出す言葉。「ローテーションに困ったら若い投手に暗示をかけろ」。9月上旬に昇格した野間口に「オレが付いているから大丈夫だ」と声を掛けた。チームが苦しんでいた中、この試合も含めて先発、中継ぎで4連勝。藤田野球の継承が実った。

 斬新で大胆なチーム改革にも着手した。「上原の抑えとヨシノブの1番。この2つの決断が一番大きかった」。原監督は振り返った。エースと主軸打者の配置転換。「2人ともこれまで積み上げたものがある。納得させることが大事だった」。まずは3月中旬、高橋由に1番不在のチーム事情を伝えた上で「200本安打を打て!」とゲキを飛ばした。チームのアキレス腱、守護神については上原と4月下旬に話し合った。先発復帰を目指していたエースの「短いイニングならいけます」との言葉に「2軍で先発調整させている余裕はない。すぐに1軍に来てくれ」と訴えた。当初は交流戦までの暫定ストッパーだったが6月中旬、あらためて「チームのために最後まで抑えをやってくれ」と口説き落とした。高橋由は先頭打者本塁打でチームに勢いを与え、上原は頼もしい防波堤となった。原監督が思い描いた展開となった。

 昨年は開幕ダッシュに成功も故障者が続出。その反省から、対話路線で選手個々の体調に目を配った。自らも95年現役引退時と変わらぬ体重をキープ。若大将らしく「選手の手助けをしたい」と親身になって接した。

 まだ終わりではない。クライマックスシリーズ。中日か阪神か。再び激闘が始まる。「まだ先ですね。あしたになってから考えます」。原監督はそう言って笑った。「奪回」の余韻にもう少し浸りたい。5年ぶりの日本一に向かう前に。
[PR]
by M-mo-do | 2007-10-03 11:05 | スポーツ
勝負の世界は厳しいですね。
成績が悪ければ監督責任・・・兼任監督ってことで、話題になりましたが、今季は実質3試合しか出ていなくて、ほぼ専任監督な感じでした。
古田さんはみんなに好かれるキャラなので、バラエティーや解説者をやりながら、野球の監督論を勉強し、大監督になってまたグランドへ戻ってきて欲しいものですね。
でも、心からお疲れ様をいいたいですね。

古田監督が退団の意向 成績不振を理由に

 ヤクルトの古田敦也捕手兼任監督(42)が成績不振を理由に今季限りで退団する意向を球団側に伝えていたことが18日、分かった。17日にクライマックスシリーズ進出の可能性が消え「(低迷は)僕の責任です」と話していた。今季が就任2年目。球団は8月上旬に監督専任での来季の続投を要請したが、交渉は難航。多菊善和相談役はこの日「何度か交渉している中、割と早い時期に(退任の意向を)聞いた」と明かした。
[PR]
by M-mo-do | 2007-09-18 14:13 | スポーツ