気になった言葉を綴ります


by M-mo-do
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

いやーー白鵬強かった!!

ニュースで取り組みを見たのですが、どこも朝青龍びいきの取材をしていて、結果白鵬が優勝して、なんだかとても良かったような気がします。
白鵬対朝青龍というモンゴル出身の力士の対決ということで、少し寂しい気もしますが、悪の朝青龍が負けたことによって、日本中のみんなが喜んだと思います。
いやはや、白鵬ゆうしょうおめでとう!!

白鵬V3!「休んでいた横綱に負けられなかった」

 大相撲初場所千秋楽(27日、東京・両国国技館)平成14年秋場所の武蔵丸-貴乃花以来史上22度目、外国勢同士では初となった横綱同士の千秋楽相星決戦で、2場所出場停止明けの朝青龍(27)は白鵬(22)に上手投げで敗れ、復活優勝を逃した。白鵬は14勝1敗で3場所連続6度目の優勝を決めた。白鵬の3連覇は初。(観衆=1万1000)

 最強を証明した。最後の仕切りでは長いにらみ合いで一歩も引かず、右張り差しから右四つに組み止めた。朝青龍につり出されそうになったが、じりじりと土俵際まで追い込む。中央まで戻されて再びつられたが、最後は左からの豪快な上手投げ。相手を土俵にたたきつけると、勝利を祝福されるように座布団が乱れ飛んだ。

 ある中堅親方が「もし朝青龍に優勝させるようなら、幕内力士はみんな丸刈りだ。情けないだろう」と言うように、白鵬にかかる重圧はかなりのものだった。「(朝青龍は)休んでいた横綱。(自分は)夏巡業からずっと頑張ってきた。気持ちだけでは、絶対に負けないぞと思いました」。

 場所中は腰痛とも戦っていた。昨年九州場所から痛め、今場所は宮城野部屋付きで育て親の熊ケ谷親方(元幕内竹葉山)から紹介された整体師を香川県から呼び寄せたほどだった。

 家族愛で痛みとプレッシャーを乗り切った。妻・紗代子さん(23)は睡眠を取れるようにスープと野菜を中心とした食事を用意してくれた。また、毎日マッサージを続けてくれた。昨年5月10日に生まれた長女・愛美羽(あみう)ちゃんが、今場所11日目に初めて歩いた。場所中でも一緒に風呂に入る溺愛(できあい)ぶり。前日(10日目)に関脇安馬に敗れ土がついた白鵬にとって、生後8カ月13日で歩くことを覚えたまな娘の成長に勇気づけられた。

 「3連覇が大きな目標だった。一番近い目標が4連覇。応援してくれた方々の期待を裏切らなくてよかった」

 支度部屋に連日のように有名人が訪れる朝青龍ほどの華やかさはまだない。表彰式後には大切な妻と長女、初土俵から支援してくれた後援者に囲まれて記念写真に納まった。横綱になっても人柄の良さは変わらない。孤高な戦いに挑んだ朝青龍とは対照的に、白鵬が周囲のバックアップを得て、最高の笑顔を手に入れた。
[PR]
by M-mo-do | 2008-01-28 10:51 | スポーツ