気になった言葉を綴ります


by M-mo-do
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ランボー復活!!

61歳になるんですね・・・シルベスター・スタローン。
シルベスター・スタローン好きの自分にとってはうれしいですね。
ロッキーもランボーも完結するので寂しくなりますが、最後に一花咲かせて欲しいですね。

ランボーが20年ぶり復活!スタローン「最高の筋肉で臨む」

 映画「ランボー 最後の戦場」(来年夏公開)の公式劇中写真が7日、日本初公開された。監督・主演の米俳優、シルベスター・スタローン(61)が生んだ「ロッキー」と並ぶ大ヒットシリーズの、20年ぶりの復活作にして最終章。スタローンはサンケイスポーツにメッセージを寄せ、今作の舞台、ミャンマーの軍事政権を激しく批判した。

 超話題作がベールを脱いだ。還暦を迎えたスタローンが、「ロッキー」に続き、自身の2大代表シリーズに幕引きする。

 目的を失い、タイ、ミャンマーの国境付近で隠遁生活を送るランボーが、ミャンマー政府の弾圧に苦しむ先住民族カレン族の実態を知り、立ち上がる物語。スタローンは「かつてない最高の筋肉で臨む」と、シリーズ集大成のムキムキボディーで肉弾ファイトを見せる。

 撮影は今年2-4、9月にミャンマーとタイで撮影。ミャンマーでは今年9月、反政府デモを取材中の日本人カメラマン、長井健司さん(50)が殺害されるなど、混乱を極めている。

 スタローンはサンケイスポーツにメッセージを寄せ、「現在のミャンマー政権は世界でもっとも残忍な政権だ。国民の多くは、常に脱出を試みている。難民の多くは深刻な栄養失調で、中には治療もままならないのか、傷口にウジ虫がわいている者や、耳を切り落とされている者もいた」と、軍事政権への怒りを表明。前2作は娯楽作に偏り過ぎたとして、今作は第1作の社会派路線へ原点回帰するという。

 また、スタローンは終結する2大シリーズについて「『ロッキー・ザ・ファイナル』は50代後半で現役にカムバックし、色々な面でトップであり続けることが重要だった。『ランボー4』は、この世のどこかで行われている不正な事件について、多くの人に発信することを重視した」と、その違いを説明した。

 10日から、全国の劇場にポスターと予告編が登場。配給元のギャガでは公開に合わせ、スタローンにプロモーショ来日を要請している。ランボーが26年の戦いを終える最終章が、ブームを再燃させそうだ。
[PR]
by M-mo-do | 2007-11-08 10:25 | エンターテイメント