気になった言葉を綴ります


by M-mo-do
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

極刑になっても、殺された子は帰ってこない

悪いことしました・・・極刑にしてください・・・じゃ、子供を殺された親や、両親も誰も納得しないでしょう。
極刑は免れないかも知れませんが、独房で自殺未遂・・・ぜんぜん反省の色が見えません。
日本も無差別殺人犯には、極刑でどんどん裁いた方が、抑止力になるのかもしれませんね。

<秋田児童殺害>畠山鈴香被告「極刑にしてほしい」

 秋田県藤里町で昨年4、5月に起きた連続児童殺害事件で、殺人と死体遺棄の罪に問われた畠山鈴香被告(34)の第6回公判が31日、秋田地裁(藤井俊郎裁判長)で開かれ、前回に引き続き、弁護側の被告人質問があった。畠山被告は「(殺害した米山)豪憲君の遺族にどう償うのか」との質問に対し「米山さんの望む通りの刑を望みます」とし、「命をもって償うということか」と聞かれると「はい」と答え、その後の質問にも「極刑にしてほしい」と述べた。 

 畠山被告は逮捕後、拘置所内で、「取調室からたばこを持ち出して4本食べた。致死量は3本と知っていた。吐き気がして、2、3日口がしびれただけだった」と述べた。また、タオルで自分の首を絞めたり、鏡を割って腕を傷つけたほか、ボディーソープを容器の3分の1ほど飲む――などの行為を今年8月まで続けたことを明らかにした。

 また、長女彩香ちゃんの死後、情報を求めるビラを配ったが警察が動かないことにいらだち、「藤里町か(隣の能代市)二ツ井町で子供を車に乗せ、防犯スプレーなどで目が見えない状態にして放置しようと考えた」と述べた。さらに、自宅近くを歩く児童らの姿を見て、子供の事件を起こせば警察が動いてくれるとの思いを強め、5月16日と豪憲君の殺害事件当日の17日の2日間は「子供を探しながら藤里町などを車で流した」と語った。
[PR]
by M-mo-do | 2007-10-31 14:02 | 国内