気になった言葉を綴ります


by M-mo-do
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

殯(もがり)の森がカンヌ映画祭でグランプリ

「殯の森」は、妻に先立たれた認知症の老人と介護施設で働く、子供を亡くした女性が森の中で一夜を過ごして心を通わせ、生と死を静かに見つめる姿を描く。・・・との内容みたいですが、なんだか考えさせられる内容ですね。

<カンヌ映画祭>河瀬監督「殯(もがり)の森」がグランプリ

 南仏・カンヌで開かれていた「第60回カンヌ国際映画祭」は、最終日の27日夜(日本時間28日未明)に授賞式が行われ、日本から出品された河瀬直美監督の「殯(もがり)の森」が、最高賞のパルムドールに次ぐグランプリ(審査員特別大賞)を受賞した。

 日本映画がカンヌで主要な賞を受賞したのは04年、「誰も知らない」の柳楽(やぎら)優弥さんの男優賞以来。グランプリは90年、小栗康平監督の「死の棘(とげ)」以来。今年のパルムドールには、チャウシェスク政権下での違法中絶を題材としたルーマニアの「4カ月、3週間と2日」(ティアン・ムンジウ監督)が選ばれた。

 「殯の森」は、妻に先立たれた認知症の老人と介護施設で働く、子供を亡くした女性が森の中で一夜を過ごして心を通わせ、生と死を静かに見つめる姿を描く。奈良市在住で文筆業の傍ら古本屋を営むうだしげきさんが主人公のしげきを演じ、相手役は河瀬監督のデビュー作「萌(もえ)の朱雀(すざく)」(97年)で見いだされた尾野真千子さん。

 授賞式で河瀬監督は「映画を作るのは本当に大変で、人生に似ている。映画を作り続けてよかった」と日本語でスピーチした。【勝田友巳】  

 ◇97年「萌の朱雀」がカメラドール(新人監督賞)受賞

 河瀬監督は1969年、奈良市生まれ。中学からバスケットボールに夢中になり、奈良市立一条高校では国体にも出場していた“体育会系少女”だったが、テレビで見た映画の映像美に感激し、大阪写真専門学校(現ビジュアルアーツ専門学校)で映像技術を学んだ。

 幼いころに両親が離婚。子どものいない遠縁の夫婦に育てられた。離別した父親を探し出す自らのドキュメンタリー「につつまれて」(92年)と、自分を育ててくれた親類との生活などを描いた「かたつもり」(94年)の自主映画2作品が山形国際ドキュメンタリー映画祭などで注目された。

 97年、奈良県西吉野村を舞台にした初の劇場映画「萌の朱雀」が、カンヌ国際映画祭で史上最年少のカメラドール(新人監督賞)を受賞。一躍、世界に名が知られた。

 この「萌の朱雀」をはじめ、作品はいずれも自身の周囲で起こる出来事を徹底的に掘り下げて作られる。自らの長男出産(04年)も、出産直後の胎盤の実写を含めた「垂乳女(たらちめ)」というドキュメンタリーにまとめた。今回の受賞作は、育ての親に認知症の兆候が表れたところから取り組み始めたという。
[PR]
by M-mo-do | 2007-05-28 11:36 | エンターテイメント