気になった言葉を綴ります


by M-mo-do
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

携帯小説って流行っているみたいですね。

携帯小説から出版したり、ドラマ化されたなんて話をよく聞きますが、この分野にお笑いタレントが参入するなんて面白いですね。
いろんなタレントさんのブログを見るのが楽しいのですが、小説ってなれば、才能が物をいいます。
よゐこの浜口好きな自分としては、がんばって欲しいですね。

よゐこが携帯小説で作家デビュー

 お笑いコンビよゐこが、携帯小説で作家デビューする。有野晋哉(35)と浜口優(35)が交互にリレー方式で執筆し、1冊を完成させる。有野が描いたイラスト「うヅラ」と浜口の「ゐぬ」が主人公でタイトルは「いぬとうずらの物語(仮題)」。浜口が「ミステリーにしたい」と言えば、有野は「恋愛話で進めたい」と意向は正反対。小中学生でも読める内容を目指しているが、早くも支離滅裂なストーリーになりそうだ。
 バラエティー番組の学力テストで散々な成績の浜口だが、小学生時代は「作文が得意な生徒」と言われた。有野も目立たない子供だったが、「学級日誌が面白い」と評判になった。浜口は「ネタ合わせでも、書き出しと設定を僕が決めて、有野が肉付けしていくパターン。有野の方が評判が良かったら嫌やな~」。携帯小説はミリオンヒットもあるなど人気拡大中で、連載後は出版化の計画もある。有野は「先生と呼ばれる時期がくるかもしれません」。小説は22日からモバゲータウン(http://mbga.jp)で連載される。
[PR]
by M-mo-do | 2007-05-17 11:14 | エンターテイメント