気になった言葉を綴ります


by M-mo-do
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

死因は肺気腫だったのですね。

残念ですね。 しかし、天国行っても仲間が多いので、天国でおもしろい事しているかもしれませんね。 しかし、話が違いますが、森繁久彌さんですが、強いですよね。

<植木等さん>死去、80歳 「スーダラ節」「無責任男」

 「ハナ肇とクレージーキャッツ」のメンバーとして活躍し、サラリーマンの哀感を込めた歌「スーダラ節」や映画「ニッポン無責任時代」など“無責任シリーズ”の大ヒットで一時代を築いた俳優、植木等(うえき・ひとし)さんが27日午前10時41分、呼吸不全のため東京都内の病院で亡くなった。80歳だった。葬儀は近親者だけで行う。自宅は非公表。喪主は長男広司(ひろし)さん。

 三重県宮川村(現大台町)生まれ。実家は浄土真宗の寺で、11歳で修行のため上京し、修行のかたわら、東洋大文学部へ進んだ。

 1946年、ブルームード・セクションのバンドボーイとなり、クラブ・カサブランカなどで活躍。54年「フランキー堺とシティ・スリッカーズ」に移籍し、57年ハナ肇率いるクレージーキャッツに参加した。

 59年「おとなの漫画」(フジテレビ)で人気者となり、61年「シャボン玉ホリデー」(日本テレビ)と歌の「スーダラ節」の大ヒットで、高度成長期のエネルギーを体現する存在として国民的スターに。62年の「ニッポン無責任時代」など東宝映画でも一時代を築いた。その後は舞台、テレビで個性を生かした俳優として活躍。86年「新・喜びも悲しみも幾歳月」(松竹)で毎日映画コンクール男優助演賞、キネマ旬報賞助演男優賞などを受賞。

 90年には「スーダラ節」などヒット曲をメドレーにした「スーダラ伝説」がヒットし、NHK紅白歌合戦に出場した。93年紫綬褒章。

 97年ごろ肺気腫を患い、療養のかたわら仕事を続けていた。今年1月、体調の不良を訴え入院。今月中旬から容体が悪化していた。
[PR]
by M-mo-do | 2007-03-28 11:32 | エンターテイメント